© 2019 Code for Aomori

ヘッディング 6

ICT人財を社会に解放する  プロボノネットワーク

 Code for Aomori とは

●プロボノ活動 

Code for Aomori はICT人財による社会参加活動を行うプロボノ活動団体です。

 オープンデータ活用などデジタルテクノロジを活用した社会課題解決に向き合うシビックテック活動をプロボノ(※職能を活かした非営利での社会貢献)として行っています。

●モチベーション&イノベーション
 

 日頃、地域社会との交流機会が限られる企業や学生等のICT人財へ、当団体の枠組みを活用した社会参加機会を創ることで、社会人と学生の世代を越えた交流や、プロボノ活動を通じた新たな働くモチベーションの発見、地域社会とのオープンな共創の中から本業のビジネスや自分達の地域社会のイノベーションの誘発につなげることを目的に設立しました。

 

 なお、Code for Aomoriの前身である「あおもり官民データ活用推進コンソーシアム」(2015年10月設立)はCode for Aomoriの設立(2018年11月)に伴い解散し、その活動をCode for Aomoriに引き継ぎました。

発起人  米田剛   (NPO法人地域情報化モデル研究会) 

     角田均   (青森大学)           

             小久保温  (八戸工業大学)

       三上智幸  (株式会社青森共同計算センター)

         細川弘樹    (株式会社ソフトアカデミーあおもり) 

     野呂述史  (富士通株式会社)
                                                                2018.11.30

※プロボノとはラテン語で「公共善のために」を意味する pro bono publico の略。
各分野の専門家が、職業上持っている知識・スキルや経験を活かして社会貢献するボランティア活動や
それに参加する専門家自身を言います。

上記、Code for Aomoriの趣旨にご賛同いただける法人やご参加いただける個人の方、歓迎いたします。

 

<Code for Aomori参加条件>

  • Code for Aomori 活動方針へ賛同し、自ら活動する意思があること

  • プロボノ活動であること(専門的知見の無償提供)

  • プログラミングやデザイン、プロモーション、ICT利活用などSoE分野に関する知見を有していること

  • 青森県をよりよくすることに想いをもっていること(青森県に居住している必要はありません)

  • プロボノ活動の情報提供・情報発信に協力いただけること

 

参加にあたっては、Code for Aomoriの既存メンバからの推薦または面会を経て登録をさせていただきます。

参加者は名刺やSNS等のプロフィールにcode for aomoriの名称やQRコードを記載できます。

なお、1年間活動実績がない方は登録を解除させていただくこともあります。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now